ヒビヒビ パート4

こんばんは!店長のヒグチです^^


今回も前回の続きです!

何か話が脱線しすぎて題名があまり関係なくなってしまってますけどお気になさらずに(笑)


前回ホーネットのタンクが作業完了したので、キャブレターの方を組んでいきます。

キャブレターの調整をスクリューが車体に組み付けてしまうととても触り辛い所にありましたのである程度は合わせてから組付けます。


車体に組み付いたらエンジンを掛けて最終調整していきます。

まずは同調を合わせます。

バキュームゲージをセットして合わせていくのですが、調整用のスクリューが非常に回し辛くて手こずります。

なんとか調整完了。

本来ですとパイロットスクリューも併せて調整していくのですが、とても触り辛いし取り敢えず基準の回転数に合わせてあるので一旦このまま試運転して確認!

はじめは調子が良かったのですが、エンジンが暖まりきると微妙に不調。

アイドリングが落ち着きません。

こうなったら調整しないわけにはいかないので調整します。

過去に同じように触り辛い車種用に改造した工具を使い何とか調整。

ただスクリューを回してる感覚が非常に分かり辛いのでこちらもだいぶ手こずります。


写真の場所はいいんですが、この奥が非常に触り辛いです。

それにいくら調整してもなんか微妙な感じ。

同調も再度取り直して再度試運転。

やっぱり冷えてるときはいいけど暖まりきるとダメです。

スパークプラグが怪しいのでまだ交換時期ではありませんが、交換。

エンジンを掛けてみると、快調です^^

どうやらスパークプラグがダメになってたみたいですね!

それはいくら調整しても微妙なわけです。

スパークプラグ交換後再度キャブレターの調整を行い試運転!

ばっちり快調になりました^^


修理完了です!

ありがとうございました~!


いつのまにかXJ400の話が止まったままですが、また続き書きますのでお楽しみに~!

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示