フニャフニャ

こんばんは!店長のヒグチです^^


今回紹介するのはTODAYの修理!


修理でお預かりした際に、移動させていると何か違和感。

後ろの方がフニャフニャします。リアサスペンションがへたってきているかと思いましたがそうではなさそう。

タイヤの空気圧を確認したらリアだけ微妙に少ないです。

ほとんどのバイクがリアの方が規定空気圧が高めなので、フロントより空気圧が低い時はパンクしている可能性があります。

タイヤの表面を見ながら回していくと特に何もない。

念のためもう一周ゆっくりまわしてみたら、原因を発見!



針金みたいな細い金属が刺さってました!

ここからジワジワ空気が漏れてたみたい!

パンク修理をしますが、この金属片がだいぶ横向きに刺さっていたので、慎重に穴を探っていきます。

無事貫通して、穴の表面を慣らします。

あとはパンク修理材を打ち込んで修理完了!

無事空気の漏れは止まりました!

今回のようにパンクの原因となる物が真っ直ぐではなく斜めに刺さっている場合は、ちゃんと穴に合わせて打ち込まないと漏れが止まりませんので、気を遣います。

無事にエア漏れが止まって良かったで^^


あとジワジワ漏れている場合はお客様も中々気がつきにくいので、カモンではそのような些細な事にも気がつけるように心掛けて整備をさせて頂いてます。


ありがとうございました〜!