外れるの?

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^



今回紹介するのはCB750Fの修理!


エンジン上部からのオイル漏れ修理です。

場所を確認してみると、シリンダーヘッドカバーのガスケットとタコメーターギア部からです。

タコメーターギア部はパッキンとシャフト部のオイルシールを交換します!


ヘッドカバーを外します。

タコメーターギア部はカムシャフトホルダーと一体でした!




外してみるとこんな構造。

ん?どうやって外すんだ?

部品の供給はあるから交換が出来るはず。

サービスマニュアルを見てみると、外すとしか書いてない!


メーカーの相談窓口も時間的にやってない。

ネットで色々検索してみたら、丁寧に説明してくれてる方がいたので、それを参考にします。

ただ、ネット情報を鵜呑みにするのは怖いので、慎重に進めます。

やってみたらすんなり外れました!

パッと見外れなそうですが、そんなに力も要らなかったです。


シャフトが抜ければあとは簡単!

新品部品に交換していきます!

ヘッドカバーガスケットの収まりが悪くちょっと手こずりましたが、無事修理完了!


しばらくアイドリングさせてオイル漏れを確認。

バッチリ直りました!


ありがとうございました〜!