新年早々やばい

明けましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い致します。

店長のヒグチです^^


新年一発目のブログです!

今回紹介するのはしばらく動いてなかったバイクの修理!

キャブレターの内部の汚れがひどくてガソリンが漏れてきますしガソリンが古くなりすぎて臭いがやばいです!


まずはキャブレターを外していきます。

あらゆるところの固着が酷いのでキャブレターを外すのも一苦労でした。

キャブレターを外すと見えるエンジンのインテーク側のバルブの所にガソリンが溜まっています!

このままバルブが開いてしまうと燃焼室にドバっと入ってしまうので取り除きます。

あとはしばらくエンジンもかけていなかったのでピストンリング等が固着している可能性があります。オイルも下がりきってピストンリング周辺も乾いてしまっているので燃焼室に前もってエンジンオイルを注入しておき浸透させます。

取り外したキャブレターをばらしていくと臭いがやば過ぎます!

内部はガソリンがネチョネチョになって張り付いております。

保管状況によって内部の状況は変わってきますが、今回のパターンはまだマシな感じです。

分解できる所は外していつも通りキャブクリーナーに浸け置きします。



キャブレターがでかくて全体が浸からないので時間が経ったらひっくり返して全体の汚れが落ちるようにします。

そこまで頑固な汚れではないですが汚れの層が厚いのでいつもより長めに浸けます。

洗浄後の写真を撮ってアップしたかったですが、中々汚れが落ちないので今回はここまでとします!

エンジンを始動するまでにまだまだやることも多いので続きは次回書きますのでお待ち下さ~い!

お楽しみに~!

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示