漏れてるのは?

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^


今回紹介するのはフォルツアの点検&修理!

しばらく点検を受けてなかったということで

しっかり点検と悪い所の修理です!



全部紹介すると長くなってしまうので

その中でオイル?クーラント?漏れの修理を紹介します!


エンジンの下側がべっちょりなので原因を探すために

一度清掃して漏れてる場所を特定します!

しばらくエンジン掛けて放置プレイ。


確認してみたら原因はウォーターポンプと

ポンプシャフトのオイルシール!

オイルとクーラントがダブルで漏れていました!


原因がわかったので部品を手配して早速ばらしていきます!


ウォーターポンプは右のエンジンカバーに取り付けられてますので

まずは外装を外して、スペースを確保してから

エンジンカバーを外します。

まずはクーラント漏れの原因のメカニカルシールを外します。



中にオイルシールがいますのでこれがオイル漏れの原因。



汚れ方をみると原因はこの2つで間違いないのがわかります!


新品のオイルシールとメカニカルシールを打ち込みます!

カモンではしっかりまっすぐ打ち込めるようにプレスで打ち込み!

斜めになってるとまたすぐに漏れてきてしまいます。




あとは意外とめんどくさくて時間のかかるガスケット剥がし。


写真はエンジン側でもちろんカバー側も。

今回はカバー側にしっかりくっついてたので大変でした。


仕上げにオイルストーンで面を整えたら

新品のガスケットと一緒に組み付けしていきます!


一通り組み終わったら、エンジンオイルとクーラントを入れて

クーラントのエア抜き&漏れのチェック!

しっかり止まりました^^


これにて修理完了です!


ありがとうございました~^^

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

職種:整備士 営業 アルバイト 未経験者・経験者 問いません 陸運局認証工場ですので未経験者の方は働きながら整備資格取得にチャレンジできます。 二輪未経験でも四輪やその他機械整備など経験者は優遇いたします。 年齢も問いませんので、メカには詳しくないけど洗車好き・磨くの大好きな方も歓迎!! 夕方のみ、週末だけの短時間アルバイト、学生やシニアの方でも大丈夫! 興味のある方、お気軽にお問い合わせください