貫通パート2

こんばんは!店長のヒグチです^^



今回は前回の続きです!


前回無事修理が完了したクロスカブ110。

お客様に納車し数日後再びオイル漏れが発生!

しかも結構な勢いで漏れているという事です。

お預かりをして漏れている箇所を確認したらシリンダーヘッドカバーのパッキンが

なぜか飛び出しています。

カバーを外して確認するとこんな状態。



パッキンが裂けています。

こちらで修理後にしっかり試運転してその時は漏れていなかったですし、こんな風になっていればさすがに見て気が付きます。

お客様が納車後走行している間になったのは間違いないですが、なぜこんな風になってしまったかは不明です。

年数がそれなりに経っていてゴムが固くなってこればこんな風に割れそうな気もしますが、交換したばかりです。

あと考えられるのはブローバイの通路が詰まっていてエンジンの内圧が上がり過ぎたのか。

ただ前回修理したときにそのあたりは確認していますし、今回改めて確認しましたが全く問題ありません。

もしかして部品自体が良くなかったのかと思いメーカーに問い合わせをしてみましたが、それは考えにくいとの事。

まあ既に割れている部品を見ても元々どうだったかは分かりません。

メーカーに問い合わせた時に言われたのが液体パッキンを塗り過ぎじゃないかという事ですが、今までも他の車種を含め塗っていますがこんなことになった事はないですし、うっすらとしか塗っていないのでそこは問題ないかと思います。

修理費用は修理後すぐなのでもちろん当店の作業保証で対応します。

取り敢えず新品のパッキンを手配し組みながら何かおかしくないか確認します。

組付けてみると割れていた箇所が一番パッキンがつぶれた状態となってます。



ヘッドカバーの固定ボルトは段付きのボルトですので組み方でつぶれ具合は変わりません。

ヘッドカバーを確認してみても変形している様子はないです。

ただ一つ気になったのはヘッドカバーのパッキンが嵌る溝の部分の角が結構とがっています。

そしてパッキンが割れていた箇所が一番とがってます。

これが原因なのかははっきり分かりませんが可能性としてはありそうなので取り敢えず角を削っておきます。

これ以外は原因となりそうなところは見当たりませんので一旦これで組付けて確認。

漏れはありません。

何度か長めに試運転したりしましたが問題なさそうです。

お客様に状況を説明し取り敢えず一旦納車させて頂き様子を見ていただく事になりました。

これで再発しなければヘッドカバーの角がとがっていたことが原因だと思うのですが、前回の修理前はしばらくエンジン開けてないですしその間は問題なかったのでそれを考えると不思議です。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしました。

原因がはっきりしてないのでスッキリしないですが再発しない事を願います。

ありがとうございました~!

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示