ブレーキメンテナンス♪


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回はブレーキキャリパーのオーバーホールです!

ブレーキキャリパーの基本的な構造は

・キャリパーボディ

・ピストン

・ピストンシール

・ダストシール

の4点で構成されていて、ブレーキレバーを握ると

レバーのところに付いているマスターシリンダー

からブレーキフルードが押し出されて、その圧力で

ピストンが押されブレーキパッドに力が伝わり、

ブレーキがかかります。(簡単ですみません。笑)

今回の車両は、ブレーキキャリパーの点検を行っていたら

ピストンの動きが悪かったので分解してみると、、、

ピストンシールとダストシールがはまる溝に汚れがビッシリ!

溝の汚れを掃除します!

ピカピカにして、ピストンと新品のシールを組んでブレーキフルードのエア抜きをして完了です^^

スムーズに動くようになりました!

ピストンの動きが悪いまま乗り続けると、ブレーキの引きずりを起こし

ベーパーロック現象(ググって下さい)が起きてしまう場合もあります。

定期的な点検とメンテナンスをオススメします!

#キャリパーOH

11回の閲覧
​バイクのレンタル・販売・修理  
愛知県額田郡幸田町 幸田のバイク屋 (株)カモン!

© 2016 Come on Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon