バッテリー上がりの原因は?


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回紹介するのはバリオスのバッテリー上がり。

以前の修理歴を確認したら、

このバイクは半年程前にもバッテリー上がりで

来店されています。

その時はバッテリーも古かったので

新品に交換して対応。

その時に充電電圧を点検すると、

アイドリング時の数値が少し低かったので

お客様と相談し、取り敢えず

少しアイドリングを高めに調整して

納車しました。

そして今回、来店時に電圧を確認すると

回転数を上げたりして一番充電電圧が

高いところでも12.7V!低い!

来店時バタバタしていたのでお預かり

させていただいて後日見積りして連絡することに。

後日、原因を探すために

点検をすると、

あれ?

少し低めですが充電電圧は13.8Vぐらいまで

出ています。

直った!?^^

いやいやそんなわけはありません。笑

充電系統を順番に点検していきます。

ジェネレーターからの発電電圧は問題無し。

レギュレーターの制御電圧も問題無し。

バッテリーは充電しておいたので

開放電圧も問題無し。

んーー。

これといって悪いところはないけど

全体的に微妙に低い気がする。

メーカーに確認し、充電電圧の基準値を

確認したらジェネレーターはOK!

レギュレーターは一応NGだけど数値的には

そんなに悪くはない。

レギュレーターが怪しいけどなんかすっきりしない。