20000キロ


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

先週のCB1300SFの続きは次週書きます!

今回紹介するのはPCXのベルト交換です!

ブログでは何度も紹介している

スクーターのベルト交換!

ホンダ車では走行距離20,000kmで交換推奨のモデルが大半です。

カモンでメンテナンスさせて頂いているお客様には

距離が近づいてくるとご案内するようにしているのですが、

中には交換せずに乗り続けてしまう方もおみえです。

今回は30,000kmを過ぎて、走行不調を訴えてみえたお客様の修理です!

まずはベルトを点検。

ギリギリ!

ちぎれる寸前です。

何度も説明していますが、

走行中にベルトが切れると

最悪の場合絡まって後輪がロックする事もあります!

そうならなくても、走行は出来なくなりますので

出先でなったら大変です。

クラッチシューはまだ使えそうなので

ベルトとウェイトローラー、スライドピース

を交換します!

続いてはエアクリーナー。

こちらも20,000kmが交換時期です。

続いてはスパークプラグ。

NGKの推奨は3,000~5,000kmでとなっていますが、

最近のインジェクション車はそこまで早く消耗しないので

カモンでは定期点検時など適時交換をオススメしています。

外したのがこちら。