圧縮


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回紹介するのはリトルカブのエンジン不調の修理。

オイル交換で来店されたのですが、

明らかにエンジンのかかりが悪い!

お客様に確認してみると、

毎朝10回以上キックしてエンジンを掛けているそう。

前々からエンジンオイルが燃焼室に入ってしまい、

エンジンオイルが少しずつ減っていってしまうという事も

あったので、今回しっかり修理する事になりました。

まずはエンジンの圧縮圧力を測定。

700Kpa。

明らかに低い。

基準値は約1350Kpa。

取り敢えずはプラグホールからエンジンオイルを

注入してみたりして圧縮の戻り具合など

みたりしましたが、あまりかわらず。

お客様に相談し、エンジンを分解して

しっかり直しましょうという事に。

早速ばらしていきます。

燃焼室はカーボンがビッシリ!

バルブのシート面にもカーボンが固着しちゃってました!

圧縮が低い原因はこれですね。

シリンダーの内面は意外ときれいです!

シリンダーはまだ使用可能です。

ピストンリングはせっかくはずしたので

新品に交換!

あとはバルブは2本とも新品に交換!

シリンダーヘッドはシートカットします。

シートカットはいつもお願いしてる信頼できる内燃機屋さんへGO。

シリンダーヘッドがかえってきたら

組んでいきます。