切れない

こんばんは!店長のヒグチです^^


今回紹介するのはモンキーの修理!

このモンキー、A型のモンキーです。今では希少車ですね!

年式が旧いタイプのモンキーですので、クラッチレバーが無く遠心クラッチタイプです。

簡単に説明するとカブと同じ構造です。


今回の修理内容としましては始動不可能ということで修理のご依頼。

まずは点検を進めていくのにエンジンをかけてみようと試みてキックをしますがクラッチが滑りまくっておりクランキングしません!

これではエンジンがかかりませんね。各部点検しようにもクランキングしないと点検できないところもあります。

という事でまずはクラッチの修理から。

クラッチディスクとフリクションディスク、クラッチスプリング等は新品に交換。

その他不具合が無いか点検しながら組付けていきます。

途中でチェンジペダルにつながっているリンク機構のクラッチを押し込む部品が若干違和感がありましたがとりあえずは一旦組付けます。

無事組付け終わったら再度キックしてみます。

しっかりクランキングはするようになりましたがまだエンジンは掛かりません。

クランキングできるようになったので圧縮圧力測定、スパークテストを行いましたが特別問題がある感じではなさそう。

実はこのエンジン、お客様がご自身でボアアップエンジンを組付けたもの。

もしかしたら組付けおかしい所があるかもしれないので分解して点検していきます。

圧縮圧力は良さそうなのでシリンダやピストンは問題ないと思います。

まずはバルブクリアランス。

んー、詰まり過ぎです。

調整し直します。

あと調整していて気が付いたんですが、カムチェーンにゆるみがあります!

カムチェーンテンショナが効いていませんでした。

この辺りの修正と念のためポイント機構の点検を行い再度エンジンかけるためにキック!

掛かりそうです。

何度かキックしたら無事掛かりました!


続いて試運転するのにクラッチ機構はギアの入り具合を確認していたらクラッチの切れが良くない!

チェンジペダルを前に踏んだ時はクラッチが切れますが後ろに踏んだ時は切れません!

何かがおかしい。

多分先程違和感を感じたクラッチのリンク機構の所です。

再度クラッチカバーを開けて点検。

やはり若干曲がっている。



ただこの部品はボール部分が当たっている部品なのでプレートが曲がっているのは関係なさそう。

このボールが当たる受け側のプレートですがこれも曲がっているように見えます。

ですが元々波打った形状なので曲がっているのか判断するには新品もしくは曲がっていない部品と見比べる必要があります。

もちろんありませんので、困りました。

ただこの不具合が出るのに関係してる部品はここしかありませんので、お客様に了承を得て新品に交換します。

新品部品が届いたので見比べてみたら、曲がってますね。すごく微妙に。

これは単体の判断は難しいです。

リンク機構は一式新品に交換し、組付け終わったらエンジンかけて確認。



バッチリ直りました^^


無事試運転を終え作業完了です!

もう少しキャブの調整なども必要ですが、そこはお客様にゆだね修理完了!

そのあたりの調整も楽しみのひとつですからね^^


また何かありましたらご相談ください!


有難うございました~^^

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示