減ってる

こんばんは!店長のヒグチです^^


今回紹介するのはZ1000の修理!


ニュートラルランプが点かない事があるということで修理のご依頼。

ただご来店頂いた時には症状が出ません。

配線を触って揺すってみたり接続部を動かしてみたりしましたが、症状は出ず。

こうなってくるとニュートラルスイッチ本体が怪しいです。

お客様と相談した結果、そこまで高価な部品ではないのとちょうどオイル交換の時期でしたのでニュートラルスイッチを交換して様子見してもらう事になりました。

部品が届いたら早速作業を進めていきます。

まずはエンジンオイルを抜きます。

抜かなくても交換出来ない事は無さそうですが、エンジンオイルを抜いてやった方が作業性が良いのでオイル交換時期に合わせることが出来て良かったです。

続いてニュートラルスイッチとガスケットを外します。

外したものと新品部品を比べてみます。左が新品です。




外したものは明らかに先端が減ってます!

接点と接触するたびに削れていき減ってしまったのでしょう。

これを見るとスイッチ本体が原因となっている可能性が高いでしょう。

新品のスイッチとガスケットを組んでいき、最後に新品のオイルを給油して作業完了。

エンジンを始動し、オイル漏れが発生してないかと、ニュートラルランプの状態を確認し修理完了!


作業前に症状が出てくれなかったので症状が改善したかどうかのしっかりとした確認は出来ませんでしたが、作業後も症状は出てないのでよっぽど良いかと思います。

あとはお客様に様子見をお願いしてお渡し完了です^^

ありがとうございました~!

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示