漏れ漏れ

こんばんは!店長のヒグチです^^


今回紹介するのはバリオス2の修理!

エンジンのオイル漏れで修理のご依頼。

確認してみるとかなりの漏れの量!場所はクラッチカバーの下側からです。

突然この量が漏れてくるのは何か原因がありそう。

お客様に確認してみたら少し前に知り合いにクラッチを修理してもらったとの事。

そのあとしばらくしたら漏れてきたみたいです。

もしかしてガスケットを再使用していないかと思いましたが、新品に交換してもらっているはずだそうです。

紙のガスケットは外す時に破れてしまう事が多いので破れたまま再使用したらこんな感じで漏れそうです。

それかクラッチカバーを脱着した時に合わせ面にキズを付けてしまったり何かの衝撃でクラックが入ってしまったりする事も考えられます。

最悪の場合はクランクケース側が原因となってると高額修理になりますのでその場合は改めて相談させてもらう事にして作業を進めていきます。


クラッチカバーを外して見ると、原因が一目瞭然。



ガスケットがちゃんと嵌ってなかったです。

ずれた状態で組まれてました。

これでは漏れてしまいます。

大事にはならずに一安心しました。

必要な部品を手配して届いたらガスケットを交換。

あと合わせ面に入っているOリングも新品に交換します。

ガスケットを外したらきれいに剥がしてオイルストーンで合わせ面をならします。

クランクケース側が縦割りで合わせ面があるのでその部分に液体パッキンを塗って組んでいきます。

組み終わったらエンジンオイルを入れて、漏れが止まっているかチェック。

バッチリ直りました!

最後に試運転して再度漏れのチェック。良さそうですね^^

ただ試運転してヘッドパイプベアリングがガタガタなのが気になります。

お客様に連絡して確認したら、こちらもどうやら知り合いの方にベアリングの交換をしてもらったそうです。

ただ調整が全く出来ていないので、これではせっかく新品に交換してもまたすぐベアリングがダメになってしまいます。

という訳でこちらの調整も追加で行う事に。

もしかしたらすでに痛みが出てるかもしれないなと思いながら調整しましたが、なんとか良さそうです。

調整を完了し再度試運転。

こちらもバッチリ直りました^^


有難うございました~^^


たまにこうやって知り合いの方にやってもらったなどと聞きますが、やはりちょこちょこその後にトラブルが起きているのを見ます。

作業するだけならサービスマニュアル見たりとか、最近ですとネット情報や動画でやり方が見れたりしますが、やはりそれプラス作業する人の経験値が絶対必要になります。

今回はオイル漏れ等で済みましたが、危険な事が起こる可能性も十分あります。

経験値は間違いなくバイク屋さんが一番高いです。

安心して乗る為にも修理・整備などはバイク屋さんにお願いしましょう!


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示