top of page

いない

こんばんは!店長のヒグチです^^


本日紹介するのはビラーゴの修理!

走行中にエンジン不調が発生し、お客様ご自身でキャブレター内部のガソリンを確認したら黒い点々が大量に混入していたとの事です。

フューエルタンクから流れてきた可能性が高いのでタンク内とフューエルコック部のフィルターの確認をします。

タンクの内部は年式相応で多少錆が発生している箇所もあります。

続いてフューエルコックを外してみたらフィルターが朽ち果ててます!

メッシュ部分がいません!



新品はこんな感じ。



これではキャブレターにゴミが混入してしまいますね。

予算の都合でタンク内も簡易清掃で済ませますのでキャブレターにゴミが入らないように対策でフューエルフィルターをフューエルホースにかませます。

フューエルホースもカチカチでプラスチックみたいになってましたので新品に交換。

キャブレター内部のゴミも清掃し修理完了です!


フューエルコックにフィルターがあるのでどこからゴミが混入してきたんでしょうねと話してましたがまさかあんなことになってるとは思いませんでした。

年式を考えるともしかして一回も交換して無ければあそこまでなってしまう可能性は十分ありますね。

逆によくここまでトラブルなくもったのはすごいと思いますね。^^;


今回これで二重で対策したのでしばらく安心ですね^^

有難うございました~!

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page