怪力?

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^



今回紹介するのはレブルの修理!


お客様ご自身でエンジンオイルの交換をしようとして

ドレンボルトを壊してしまったそうです。

年に一度あるかどうかの定期的にご依頼がある修理です。


というわけでレッカーに出動してカモンまで運びます!

工場に着いたら早速状態の確認!


毎回思いますが皆さん怪力過ぎです!

原因はボルトを緩めるつもりが逆に回してしまい

締め付けすぎてネジ山を破壊してしまってます。

ここまでなる前になんかおかしいかなと思いそうですが^^;



ボルトは要交換ですが、

問題はエンジン側!

レブルはクランクケースに直接ドレンボルトがありますので

交換するとなるとクランクケースを交換しなきゃいけなくなるので

だいぶ高額修理になってしまいます。


クランクケース側のネジ山はダメダメですので

修正が必要です。

問題のクランクケース本体の状態ですが、

ぱっと見、割れとかはなさそうかと思いましたが、

よくよく見たらヒビっぽいのがあります。

ヒビが奥までは行ってなさそうですが

ネジ山修正だけで直るかどうかは

やってみないと何とも言えません。


お客様にここで一度相談。


結果、一度ネジ山修正で進めてみてダメそうなら

また再度相談することに。


取り敢えずやってみます!


ネジ山の修正はこれで行います!

ネジをM12からM13に広げる用のタップと

M13のボルトがセットになった便利な修正キット。