半年

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^



今回紹介するのは #NSR250SE の修理!

エンジンがかからなくなったと言う事で修理のご依頼。

キーをオンにしてもうんともすんとも言わないみたいです!



まずはヒューズを点検してみたらメインヒューズが切れています!

ヒューズは15Aなんですが、電流を測定してみるとオーバーしてます。




どこかで短絡している可能性が高いので順番に点検していきます。配線図を見ながらメインヒューズに関係しているハーネス、カプラ、スイッチ等を見ていきましたが原因は見つからず。

最終的にたどり着いたのは消去法でECU(PGM)でした!



PGMの単体点検は出来ないのですが、怪しそうなところの抵抗値を測ってみたらほとんど抵抗がありません!PGMの故障の可能性が濃厚です。


ただPGMは新品部品が出ません。

お客様と相談して基盤の修理をしてくれる外注業者に依頼する事に。

ただ修理完了までに半年程かかる可能性があるとの事でした。

お客様のご意向でそこの外注業者にお願いしたいとの事でしたので、そのままご依頼。


PGMが帰ってくるまでの間に、PGMを壊してしまう可能性があるサーボモーターの点検。問題ありません。



あとはひたすら待つだけの状態になり、先週やっとPGMが帰還しました!