お漏らし

更新日:2020年1月25日


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回紹介するのはVTR1000Fファイヤーストーム!

しばらく動かしていなかったら

キャブレターからオーバーフローして

ガソリンがだだ漏れになってしまうということで

修理依頼です!

キャブレターのオーバーフローとは

正常な状態だとフューエルタンクからキャブレターに

ガソリンが送られる際に、キャブレター内のガソリンが

一定量になるとフューエルタンクからのガソリンの

供給がストップされるのですが、

それがストップされずにガソリンがキャブレターから

溢れ出てしまう状態。

原因となるのはガソリンの通路の蓋の

役目をするフロートバルブという部品。

この部品が動きが悪かったり

部品自体の性能が落ちて

蓋がちゃんとされなくなってしまうと

オーバーフローします。

今回はしばらく動かしてなかったので

固着して動きが悪くなっている可能性も

あります。

ただ長年キャブレターを

開けていないということで

ついでにオーバーホールもしてほしいということでしたので

フロートバルブは新品に交換します。

あとはガスケット類を一式と

キャブレター周辺のゴムホースやフューエルホースも交換。

部品が揃ったら早速作業スタート!

まずタンクを外して

エアクリーナーケースを外します。

エアクリーナーはまだまだ使える状態でしたが

サブエアクリーナーは朽ち果てて原型がありません。

こちらは追加で部品発注。

続いてキャブレターを外して分解。

それほど酷くはないですが

フロートチャンバーの底には

汚れがたまってます。