お漏らし

最終更新: 1月25日


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回紹介するのはVTR1000Fファイヤーストーム!

しばらく動かしていなかったら

キャブレターからオーバーフローして

ガソリンがだだ漏れになってしまうということで

修理依頼です!

キャブレターのオーバーフローとは

正常な状態だとフューエルタンクからキャブレターに

ガソリンが送られる際に、キャブレター内のガソリンが

一定量になるとフューエルタンクからのガソリンの

供給がストップされるのですが、

それがストップされずにガソリンがキャブレターから

溢れ出てしまう状態。

原因となるのはガソリンの通路の蓋の

役目をするフロートバルブという部品。

この部品が動きが悪かったり

部品自体の性能が落ちて

蓋がちゃんとされなくなってしまうと

オーバーフローします。

今回はしばらく動かしてなかったので

固着して動きが悪くなっている可能性も

あります。

ただ長年キャブレターを

開けていないということで

ついでにオーバーホールもしてほしいということでしたので

フロートバルブは新品に交換します。

あとはガスケット類を一式と

キャブレター周辺のゴムホースやフューエルホースも交換。

部品が揃ったら早速作業スタート!

まずタンクを外して

エアクリーナーケースを外します。

エアクリーナーはまだまだ使える状態でしたが

サブエアクリーナーは朽ち果てて原型がありません。

こちらは追加で部品発注。

続いてキャブレターを外して分解。

それほど酷くはないですが

フロートチャンバーの底には

汚れがたまってます。

いつも通りキャブクリーナーにドブ漬け!

しばらく放置プレイしたら

取り出してキャブクリーナーを洗い流して

エアーブローして乾かしながら

各部通路の詰まりがないか点検。

キャブの清掃は燃料やエアーの通路など

キャブの内部が掃除されていればいいんですが

ドブ漬けして洗い流してやると外側も

ピカピカになるのでオーバーホールした感が出て

気持ちがいいですよね^^

ガスケット類とフロートバルブ、ゴムホースを新品に

換えて組んでいきます。

フューエルホースも交換。

車両に取り付けて各部調整。

あとは外した部品をもとに戻していきます。

サブエアクリーナーも新品に

(写真は撮り忘れましたが薄ピンク色のスポンジタイプのフィルターです)

乗れる状態になったら

試乗して最終確認。

問題なし!

最後にオイル交換とチェーン調整・給油をして完了!

ありがとうございました〜^^

#VTR1000F #ファイヤーストーム #キャブ #オーバーフロー

0回の閲覧
​バイクのレンタル・販売・修理  
愛知県額田郡幸田町 幸田のバイク屋 (株)カモン!

© 2016 Come on Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon