ドラレコ



本日のブログは、最近取り付けを多くご依頼をいただいている #ドライブレコーダー の紹介です。

今回の取り付け車両は #トレーサーGT




取り付ける #ドラレコ は信頼性とコンパクトな本体が好評な、#ミツバサンコーワ製 #EDR-21 前後2カメラ GPSなしのタイプです。



今回、取り付けするお客様のご要望は、バイク本体の見た目よりも、ドライブレコーダーとしての機能を優先したい=きちんと画像が広範囲に録画できることを優先します。

ここらあたりのご要望は取り付け前に申し付けくだされば幸いです。


カメラおよび本体、スイッチの取り付け並びに配線の処理など、出来る限り見栄えが良く操作もしやすいように取り付けします。


まずはフロントカメラ

この位置よりも後方に取り付けるとライトの下のカバーが常時映り込んでしまいます。


次にスイッチ 記録を残したい時に押しますので、できる限り操作しやすい箇所へ装着。

ここなら普段操作するスタータースイッチなどを邪魔せずにいけます。



次にリアカメラを装着


上の画像のようにナンバー灯のすぐ上でもOKと許可をいただいていましたが・・・


確かにこの位置ならば「ドラレコ録画中」アピールはできますが、

あまりにも見栄えが (>◇< )

おまけに常時ナンバー灯の黒いカバーが映り込みますし、振動で結構カメラが揺れてしまいます

自車車体の映り込みを気にしなければ、テールランプ直下への装着が見た目、配線処理上ではベストな位置と思いました。

しかし、今回は録画画像が最優先!!車体の映り込みは厳禁です。



てなわけで、カメラはキャリアへ取り付け