今回は

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^



今回紹介するのは #スマートディオZ4 のエンジン不調の修理!

半年ほど前にも #エンジン不調 で修理したバイクですが、

今回は違う部分の故障です。

年式や走行距離を考えるとあちらこちらと

不調が出てきます。

前回もそうでしたが修理金額によっては

買い替えも検討中との事です。

なかなか買い替えもタイミングが難しいですよね。

年数が長くなれば愛着も湧いてきますし。


というわけで故障探求を進めていきます!

取り敢えず分かっているのは

FI警告灯のエラーコード52。

少し前に別のバイクの修理で

このエラーコードというやつに

だいぶ惑わされたので

疑ってかかります。


サービスマニュアルで確認したら

クランクセンサの異常。

なんか前のバイクもそんな内容だった気がします。

いやな記憶が蘇ります。


というわけでまずは基本的な事を点検して

問題ないことを確認。


そのうえでマニュアル通りに進めていきます。

まずはハーネス関係の断線や短絡(ショート)の点検。

問題なし。

電源の電圧の点検。

問題なし。

クランキングしてパルス電圧の発生状態の点検。

問題なし。

上記問題なければ #ステーターコイル#フライホイール を交換。


えー!?

なんかこの感じも前のバイクと一緒。

やだなー。

点検して何も問題は確認できないのに

部品交換するのは気が進まない。

しかも2個も?

そんな同時に2個も壊れるのかよ。

まったく納得できないので

サービスマニュアルの点火系統の

故障探求を見てみたらまずはステーターコイルを

交換となっている。


悩ましいのでホンダのサービス相談窓口に電話!

マニュアル通りに進めてくださいとの事。

ただ事例からいくと、

走行距離が進んでくるとステーターコイルが故障する事は

ちょくちょくあるみたい。


ここまでくると他に原因は無さそうなので

マニュアル通りに進めていきます!


この段階でお客様に見積も併せて現状の連絡。

部品も交換していかないと修理が進まない事も説明。

はじめの方に書いていたように買い替えも検討されてましたが

今回も修理でお願いしますとの事でした。


こちらとしてもここまで来て

作業ストップするのも腑に落ちないのでよかったです。


というわけでマニュアル通りに部品を交換します。

ただ1個ずつ交換します。