白煙


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回紹介するのはシグナスXのステムシール交換。

エンストしてしまうということで

お預かりして、まずは原因を調べるために

エンジンをかけてみたら

マフラーから白煙がモクモク〜。

臭い的にも明らかにエンジンオイルが燃えています。

エンストの原因はオイルかぶりっぽいですね。

スパークプラグを外してみたら

真っ黒!

間違いなく燃焼室にオイルが入ってきてます。

可能性があるのはオイル上がりかオイル下がりか。

シリンダ内の圧縮圧力を測ってみます。

問題なし。

なのでオイル下がりが濃厚です。

簡単に説明すると

オイル上がりはピストンリングとシリンダ壁の

隙間からエンジンオイルが燃焼室に入ってきてしまう事。

下から上にくるのでオイル上がり。

オイル下がりはシリンダヘッドのバルブの摺動部分についている

ゴム部品のステムシールが劣化してその隙間から

エンジンオイルがバルブを伝って侵入し

燃焼室に入ってしまう事。

上から下にくるのでオイル下がり。

エンジンの姿勢によっては横になってしまう事もありますが

基本的にはこう呼びます。

という事でバルブのステムシールの交換をしていきます!

まずはエンジンと車体を分割!