2st


こんばんは!サービス担当のヒグチです^^

今回紹介するのはDT230ランツァの修理!

キャブレターからガソリンが

オーバーフローしてだだ漏れ。

オーバーフローの意味はこの前

説明したのでそちらをご覧下さい。

実はこのバイク、前説明したときに修理していた

VTRとオーナー様は同じ方です!

こんな立て続けに2台もなってしまっては

困っちゃいますね^^;

というわけで作業スタート。

まずは車体からキャブレターを取り外します。

いつも思うんですがオフ車はパッと見

すんなり外せそうなんですが

意外と取れないんです。

結局いろいろ外して

キャブレターが取れたら

分解して点検。

今回はフロートバルブは良さそうなので再使用。

換えるのはパッキン類と

カチカチになったゴムのホース類。

キャブレターはオーバーホールもついでに

して欲しいとの事でしたので、

いつも通りキャブクリーナーに

どぶ漬けして洗います。

意外と頑固な汚れがあったので

フロートチャンバーだけは

再度どぶ漬けして長めに放置します。

取り出して洗ったらバッチリきれいになりました^^

ピカピカになったら組み付けて

車両に戻します。

エアクリーナーボックスをつける前に

エンジン始動。

オイルホースのエア抜き&ポンプの作動点検をします。

エア抜き作業中はキャブレターから直接オイルを吸わせます。

この作業を怠るとエンジンが焼きつくので大事な作業。

問題なさそうです^^

あとは

エアクリーナーのダクトが割れていたので

ついでに交換。

この部品は前もって発注してあったので

よかったのですが、

交換しようと思ってエアクリーナーボックスの

ふたを外したら、

エアクリーナーに穴が!

交換しないとダメですね~。

部品を発注しないといけないので

部品待ちで作業は一時中断。

また完成しましたら続きを書きますので

お楽しみに~^^

#ランツァ #キャブ #2st

0回の閲覧
​バイクのレンタル・販売・修理  
愛知県額田郡幸田町 幸田のバイク屋 (株)カモン!

© 2016 Come on Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon