原因は?

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^



今回紹介するのは #CB750F の修理!

実際に修理をしたのは去年ですが、

ずっと書けずにいたので今回書きます。



ツーリングの帰りに #エンスト し、

そのままエンジン始動不可。

バッテリーが弱くてセルモーターが回らないそうです。


レッカーの要請があったので出動!


工場に戻ってきて取り敢えずは

バッテリーの充電。

レッカーは店長に行ってもらったので

ここで気が付いたんですが

オイルがポタポタ垂れてます!

結構な勢いで。

もしかしてオイル切れ?

エンジン焼き付いた!?

と思いましたが、エンジンオイルは

まだ入ってましたので大丈夫でした。


一晩充電して始動確認。

取り敢えずエンジンは掛かりましたが

原因判明!

#充電不良 です。

明らかに充電電圧が低くて

バッテリー電圧がどんどん下がっていき

最終的に8Vを下回ってエンスト。


この時代のバイクはヘッドライトが消せるので

ヘッドライトOFFでポジションランプのみで

走っていればまだ大丈夫ですが、

夕方になってヘッドライトONにしたら

じわじわ電圧が下がって力尽きたという感じですね。


このCBは秋ごろに転倒して

ジェネレーターカバーを交換しています。

その時に #ステーターコイル を脱着したので

念のため充電電圧を確認。

この時は今回程じゃないですが

充電電圧が低めだったので

充電装置を点検。

レギュレーターが原因でしたので交換。



交換後確認したら充電電圧は無事復活しましたが

心なしか低い気が。

年式も古いのでまあまあこんなものかなと思いましたが

今思えばすでにこの時から充電装置の他の部品も若干怪しかったんですね。


というわけでレギュレーターは交換済みなので

問題ありません。


あとはエン