重い

こんばんは!サービス担当のヒグチです^^


今回紹介するのは #CB1300SB の修理!

少し前の定期点検時に一通り整備が完了し、

最終試乗していて信号のある交差点を左折する時に、

減速しながらシフトダウンしていきエンジンブレーキを

効かせながら曲がりかけた時に。

スーーー。

!?

#ギア抜け !?

焦りました。

工場に無事戻り、お客様に確認したら

だいぶ前からたまーに起こってたそうですが、

そんなもんかと思っていたらしく

そのまま乗り続けていたそうです。

定期的に点検やメンテナンスは

させてもらってましたが

試乗中に症状が出ることは

今までなかったので気付かずにいました。


CB1300でギア抜けは

あまり聞いたことがありませんし。

まだ走行距離もそんなに進んでいません。

ギア抜けは操作ミスで起こることもあるので

シフト操作をしっかり目におこなってもらうよう説明し

様子見をお願いしました。


それから少し経って

別件で来店されたときに

やっぱりたまに起こるとのことで

今回修理する事になりました。



ミッションを外すにはエンジンを

降ろさないといけないです。

まずは順番にばらしていき、

エンジンが下せる状態にします。

エンジンを下す時にフレームにキズが付かないよう

しっかりと養生をします。


エンジンが重たすぎて

一人で人力では厳しいので

店長に手伝ってもらって降ろします。

重い。

たまにラジオから流れてくる

#パワードスーツ

こんな時に使ってみたいですね!




無事降ろせたので分解して

ミッションを外します。